Twitterを眺めていると毎日のように何らかの食べ物の食べ方の工夫を目にすることになる。数千もしくは数万リツイートされていることも珍しくない。

テレビの料理番組を見て料理をしたことはないけれど、Twitterでみたお手軽料理は妙においしそうにみえて試してみてしまうことがある。期待通りにおいしい場合はいいがそうでもない場合もけっこうある。「これってみんな試してリツイートしてるんだろうか」数万人がそうしているのならえらいことだ。

そこでふと思うことがある「さほどおいしくなくても適当に食べ物を組み合わせた画像があればリツイートされるのでは?」

コンビニめし×コンビニめし=1000万RT

もちろんおいしいものができあがればそれにこしたことはない。さっそくひざかけちゃーはんメンバーにアイディアを募った。条件としてコンビニで買える食品をふたつ組み合わせたものと設定した。


[wc_row]

[wc_column size=”one-third” position=”first”]

[/wc_column]

[wc_column size=”one-third”]

[/wc_column]

[wc_column size=”one-third” position=”last”]

[/wc_column]

[/wc_row]

この類のものではもっとも有名で試した人も多いと思われる「中本のカップ麺にチーズを入れる」を基準の☆3つとして、おいしさ、意外性のふたつの観点から評価、それぞれの味とTwitterでの評価を調査する。

 

① トースト+プリン

おいしさ:☆☆
意外性 :☆☆☆
反応  :11RT 25fav

本人のコメント「プリンのべちゃべちゃとトーストのサクサクがあわない」「別々に食べたほうがおいしいかも」「でも好きなのでまたやる」

 

② ペヤング+たまご

おいしさ:☆☆
意外性 :☆☆☆☆
反応  :8RT 6Fav

ペヤングの新しい食べ方。かやくをお湯で戻さずふりかけのようにして食べる方法。食べ物そのものより、テンションの高い文章の書き方に感心する。

 

③ カップココア+ポップコーン

おいしさ:☆
意外性 :☆☆☆☆
反応  :2RT 14fav

思いついたときは「これだ!」と思ってテンションがあがったが、実際にやってみるとあまりウケなかった。味も悪いわけではないのだが、ココアの粉末をそのまま使うとちょっと苦すぎる。砂糖を混ぜると多少食べやすくなった。おそらくチーズでもできると思って粉チーズを買ったが使わなかった。

 

④ 焼鳥炭火焼+温泉たまご(お姉さんさん考案)

おいしさ:☆☆☆☆☆
意外性 :☆
反応  :26RT 60Fav

これがもっともおいしかった。本当に高級店のものに似ている。無理にテンションをあげて「みんな試して」などと普段書かないことを書いたので、妙な居心地の悪さがのこる。無理はよくない。

 

⑤ ほろよい桃+スーパーカップ

おいしさ:☆☆☆☆☆
意外性 :☆☆☆
反応  :165RT 212Fav

今回の企画でもっともウケたのがこちら。「ビールに爽のジンジャエール味を入れるとシャンディガフになる」というものが話題になっているのを目にして、「お酒とアイスで何かできないか」「ガリガリ君サワーとかあるよね」という相談ののちに生まれた。味も本当に良かった。

本人のコメント「企画の勝者だ!」

 

⑥ マカロニサラダ+チーズ


おいしさ:☆☆
意外性 :☆☆
反応  :8RT 24Fav

グラタンになるはずという予想を裏切り、グラタン未満の何かになった。今までのものは工夫する手間をかけるほどかはともかく味は悪くなかった。しかしこれは明らかにぱっとしなかったので嘘を書くわけにもいかず「そんなにおいしくはない。」と書いた。チーズさえのせれば何でもおいしくなると思っていたが勘違いだった。当然Twitterでの反応もいまいち。

〇結果

本当においしいものがそこそこウケるという結果になった。妥当だ。

実際に試している人がどのくらいの割合で存在するのかはわからないが、案外人の嗅覚は馬鹿にできない。当初の目論見に反し、たいていの組み合わせがおいしくしあがってしまったということもある。

あわよくば本当に数万リツイートされないかという下心もあったがうまくいかなかった。そういうものなのかもしれない。ちくしょう。

しかしどのツイートもまったくリツイートされないということはなく、お手軽料理は確実にウケる。役に立ちそうな情報はウケるのだ。おもしろいことなんて考えている場合じゃない。繰り返していればいつかはヒットする感触はあった。アカウント名をひらがな4文字にする覚悟があるのならそれもいいのかもしれない。