ひざかけちゃーはん2

ゆかいなよみものサイト

Tag: 又来シュウ (page 1 of 2)

小売店がんばりPOPコレクション -2nd season-

時事ネタやギャグをからめた、ちょっと頑張った感じのPOPを鑑賞する。セカンドシーズンです。

記事を読む

メシ×メシ=1000万RT! ウケるごはんはつくれるのか

Twitterを眺めていると毎日のように何らかの食べ物の食べ方の工夫を目にすることになる。数千もしくは数万リツイートされていることも珍しくない。

テレビの料理番組を見て料理をしたことはないけれど、Twitterでみたお手軽料理は妙においしそうにみえて試してみてしまうことがある。期待通りにおいしい場合はいいがそうでもない場合もけっこうある。「これってみんな試してリツイートしてるんだろうか」数万人がそうしているのならえらいことだ。

そこでふと思うことがある「さほどおいしくなくても適当に食べ物を組み合わせた画像があればリツイートされるのでは?」

コンビニめし×コンビニめし=1000万RT

もちろんおいしいものができあがればそれにこしたことはない。さっそくひざかけちゃーはんメンバーにアイディアを募った。条件としてコンビニで買える食品をふたつ組み合わせたものと設定した。 記事を読む

小売店がんばりPOPコレクション

スーパーマーケット、コンビニエンスストア、薬局、書店…。街中には、多種多様な小売店がある。そしてその小売店には、これまた多種多様なPOP(ポップ)広告がある。「いま売れてます!」「当店人気No.1!」などと景気のいい言葉の並んでいるアレだ。おそらく、消費者の購買意欲を刺激する、最も単純かつ効果的な手段だろう。

店舗の売上高を伸ばすためのPOP広告は、運営会社本部からの支給だけでなく、その店舗の従業員が手作業で作ることも多い。そして、そのときのがんばりの結果、独特な味わいが出ることもままある。今回はその製作のがんばりに着目した。

なおき…。

記事を読む

オトナどもよ、最後になわとびをしたのはいつだ

こんにちは、運動不足太郎です。

先日、親戚の集まりに出席した際、子供たちが屋外でなわとびに興じていました。それを見て、懐かしい気分になりました。

私は小学生の頃、なわとびは決して得意ではありませんでした。体育の授業でなわとびをやるのは寒い時期だったので、縄が手や耳にパチーンと当たったときがものすごく痛かったのをよく覚えています。しかし当時はどうにかがんばって、二重跳びくらいはできるようになりました。

その日は親戚の集まりでお酒が入っておかしなテンションになっていたこともあり、子供たちと一緒に、なわとびにチャレンジしてみました。

なわとび検定表ってありませんでしたか?

「いやあ、なわとびなんて何年ぶりかなあ…」などとヘラヘラしながら、小学生当時にマスターしたはずの二重跳びを試してみました。するとどうでしょう、十数年ぶりのぶっつけ本番でありながらも、引っかからずに5回程度跳ぶことができました。「おっ、よかった、まだできるよ〜」と、一安心です。その後は少し駆け足跳びや後ろ跳びなんかも試してみて、終始ヘラヘラして、その日は帰りました。

記事を読む

ツイッターの検索機能がアホだが、そこがかわいい

ツイッターの検索機能はアホです。しかし、そこがかわいい。

こんにちは。ツイッターの検索機能はアホです。しかし、そこがかわいい。

ツイッターの検索機能はアホです。しかし、そこがかわいい。

どうアホかというのは、まずはご自身の目で確かめていただくのがよいでしょう。

「マイクロソフト」で検索してみてください。

記事を読む

麻生さんがホッピングで車をぶっ壊すんです

寝言ではない。

新企画、又来シュウのどきどき☆政治アプリ探訪。

世はまさにスマートフォン全盛時代。きょうも数多のスマートフォン向けアプリケーションが開発されているのであった。

業務効率化に必須とも言えるあんな便利アプリ、画期的な世界観で人々を魅了するこんなゲームアプリ。一口にアプリと言っても、その種類は様々だ。

世界はアプリで溢れている。

 

そんなアプリの中には、政治をテーマにしたものも多数存在する。風刺の意味合いが強い個人制作のものから、なんと政党公式のゲームまで。私はそこに着目した。政党名などでアプリストアを検索すると、何と言うか、…何と言うか、そういう感じだった。

アプリを作った人もおそらくどきどき。見つけて記事を書く私もどきどき。そんなどきどき☆政治アプリ探訪、スタートである。

記事を読む

NHK製ハッシュタグ: #ロシアだけでなくアメリカにも多くの殺人者がいる

とにかく見ていただきたいツイートがある。

 

私の感想は至極素朴なものであった。

 

 

「#ロシアだけでなくアメリカにも多くの殺人者がいる」という、衝撃的なハッシュタグ。それもNHKの公式アカウントのひとつからの発信である。

トランプ大統領の発言には衝撃的なものが多いが、それはすでに皆様もご存知のことであろう。発言の是非などを問題にするつもりはない。が、その衝撃的な発言を、衝撃的なハッシュタグにした、衝撃的なツイートを見つけてしまったのだ。衝撃的である。

記事を読む

Older posts