筑波大学・筑波キャンパス構内にて、あるものを発見した(私は筑波大学とは特に関係がない)。

首なのか?

極めて色白な…何だろう。人間の首から上に似ている。

もう少し近づくことにしよう。

首なのだ。

やはり人間の首から上をかたどった何かだ。真っ白な発泡スチロール製である。色白な人の本物でなくてよかった。

目のくぼみ、丸い鼻、厚い唇に突き出た顎と、はっきり見て取れるように作り込まれている。

場所はサークル棟の近くだったため、きっと…何かのサークルが、何かに使ったものが、何かの理由で、この落ち葉の山に着陸したのだろう。

 

…そう、何もわからない。

 

首を使うサークル、そんなものはあるのだろうか。

首研究会だろうか。

ちなみに、大学生はサークルに「〇〇研究会」という名前を付けるのが好きだ。活動内容はともかく、名称は「研究会」にしたがる。

首を使うサークルとしてまず考えられるのはやはり、演劇関係だろうか。

演劇の小道具であれば、首程度ならザラにあるかもしれない。

舞台は中世か、はたまた現代の猟奇殺人事件か。そういったテーマであれば、首は活用できるであろう。しかしそれなら着色が必要だ。

「まず考えられるのは」などと格好を付けたが、それ以外が特に思いつかない。

たったひとつの白い首に、己の発想の貧困さを思い知らされるのであった。

何度見ても首であった。

 

※この首の使い道が推測できた方はぜひ教えてください。

感心するなどします。

首はあたためよう。


The following two tabs change content below.
又来シュウ

又来シュウ

ほしいものリストほしい!!!
他人の誤字脱字を見つけるのが好きなので、みんなにもっと誤字脱字をしてほしい。
又来シュウ

最新記事 by 又来シュウ (全て見る)